so? notebooks curator's blog & online shop

Pinterestを始めました

タイポグラフィのノートデザインを公募するにあたり、「タイポグラフィ」の作品には、どんなものがあるのかを調べていました。
その時、検索をかけてヒットしたものの中で、特に気に入ったものの画像が保存されていたのが、「Pinterest」。
ログインしないと画像の詳細を見ることができないようだったので、その時にサインアップしました。

Pinterest用語

その後、Pinterestから、しょっちゅう、「あなたのためのpinがこんなにあります!」という感じのメールが届くようになり…。
それまでは、ここに自分のサイトを持つことは考えていなかったのですが、他の筋から、海外の企業が積極的に利用していると聞くに及び、使ってみることにしました。
最初は、Pinterest特有の用語使いに結構戸惑いました。
要は、「pin」が自分で写真を載せるか、他から気に入ったものを見つけて保存すること。
「ボード」が、そのpinを貼り付ける場所のこと。
「リピン」が、巷でいう「シェア」のことで、Pinsterst内でどなたかがpinした画像を、自分のところでも保存すること。
…のようです。

so? notebooksのボード

1日突貫で、これまで制作済のパンフレットや商品写真、広告画像などをせっせと載せてみましたが、レイアウトのおかげなのか、facebookよりもインスタよりも、同じ写真を使っていても、見栄えがよい感じがします。
製品紹介ボードがこちら:

広告とパンフレット紹介ボードがこちら:

そして、非常に嬉しいのが、↓のように、自社製品のアピール用だけではないボードも作れてしまうこと!
世界のノートたち:

ノートの表紙にしたいアート・コレクション:

使い方や、基本情報に関して、参考にしたのは、こちら:
Pinterest(ピンタレスト)とは? インスタグラムとの違いや基本的な使い方を知ろう
この中でも、特に、以下の引用箇所が重要かと思いました:

Pinterestは「未来の自分のため」に使うツール
FacebookやInstagramなどの一般的なSNSでは、例えば昨日の出来事などの過去に起こったことに関する内容アップして、友達とコミュニケーションを取ることが多いかと思います。またTwitterでは、「今何をしているのか」という内容のつぶやきも多く、過去や今のお話が中心になるものです。
反面Pinterestは、「未来の自分のために使うサービス」というイメージになります。
例えば旅行を計画する際に行先を調べるためにPinterestを見たり、お出かけのためのコーデを調べたり、DIYのために参考になりそうな写真を漁ったり…といった形で、あくまでも未来の自分の行動のために情報を集めるサービスという立ち位置なんですね。感覚的には、「SNS」というよりも普通の「検索」に近くなります。
使い方も、自分で撮った写真をアップするよりも、外部Webサイトの写真や他の人がピンした写真を集めることが中心になります。画像をクリックすると、画像元のサイトにリンクするように設計されているので、まさにブックマークとしての使い方になりますね。

実際に「行動」を促すPinterest
Pinterestを利用するユーザーの行動は、主に3つのステップに分けて分析することができます。
特にPinterestでは、この「Do」の訴求が他のサービスと比べて高いのが特徴的です。
Doというのはつまり、商品の購入やアクションの実行を指します。ユーザーはそもそも情報を求めてPinterestを利用するケースが多いので、初期段階で購入意欲が高く、結果的にコンバージョン率も高くなる、という仕組みになっているんですね。

販促ツールとして使用して、ユーザーの方にdoを促すと同時に、私が、「未来の自分のために」、例えば、表紙に採用したいデザインのイメージや、もしかするとアーティストも発見して、今後の製品ライン拡大につなげるためにも使えるというわけですね。
アニメーション制作の方面でも、いい刺激になりそうです。
so? notebooks official Pinterest pageに、是非、遊びに来てください^^

想拝

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。