so? notebooks curator's blog & online shop

先日、お客様から、
「今販売されている製品が、後で買えなくなることもあるのか」
という質問をいただきました。
回答は、
「あります」
です。

デザイナーさんとの契約

so? notebooksの表紙デザイナーさんとは、コンテンツ利用許諾契約を結んでいます。
その契約上、製品のデザインに使用されたオリジナル作品をどうするかは、デザイナーさんの自由ということになっています。
また、契約には有効期間があり、その有効期間経過後は、契約有効期間中の製品の売れ行きを考慮して、その作品を引き続き表紙デザインとして使用するか否か、印税額等の見直しが必要かどうか、再検討することになっています。

絶版になる場合とは

上記の契約の内容により、製品が絶版になる具体的なケースとしては、以下のようなものが考えられます。

  1. オリジナル作品をどなたかが購入し、市販製品にその作品が使用されることを許容しない場合
  2. その作品をデザインとして使用したいという他の企業等からのより良い契約条件のオファーがあり、その企業等が他の製品にそのデザインが使用されることを許容しない場合
  3. 契約期間中のそのデザインの製品の売れ行きが芳しくなく、製造のための予算を他のより売れ筋の製品や新デザインの製品に割く必要があると判断される場合

1と2に関しては、やむを得ないかと思います。
1を防ごうと思えば、自分がオリジナル作品を買い取るという方法がありますが、それも予算次第。
かつ、製品のデザインとして採用した作品を、個人として購入する必要を感じるほど好むとは限らない。
2に関しては、可能な限り、こちらの契約条件を継続的に改善していく必要があるとは言え、現実的には、これを可能にするのにも一定の時間が必要なので、間に合わなければ、スイッチされるのも仕方がない。
むしろ、よりよい契約条件のオファーを勝ち取ったデザイナーさんに拍手を送るべきでしょう。

そして3について。
よほどのことがない限り、こうした理由での絶版は避けたいと思っています。
売れる数だけが、その製品の価値というわけでもないでしょうし、人数が少なくても、そのデザインこそが欲しいという方が、必ずいると思うからです。

上記のような事情で一度絶版になったデザインも、アーカイブとして、デザインの画像を含めた情報は、ブログやホームページに残ります。
復活を希望する声が多ければ、「復刻版」として蘇ることもあるでしょう。
今後、それぞれのデザインがどんな道を歩んでいくのか、応援しながら見守っていきたいと思います。

想拝

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。