so? notebooks curator's blog & online shop

work

あ、ノートが咲いたよ

so? notebooksの広告画像が完成しました^-^ ノートだって、たまには咲きたい ノート屋さんの開業準備を進めつつも、心のどこかに、 「ほんとにこんなことする必要あるかなぁ」 という気持ちもあり、その辺を今一度確認すべく、東京の大手の文具屋さんに出かけました。 そこで、店舗を隅々ま…

小さなお客様のご注文

4歳の女の子から、"pink"のご注文を承りました。 ものすごくびっくりしました。 その4歳の女の子は、広告デザイナーさんの娘さんです。 広告制作に使用する写真と動画撮影のため、ハードカバー製品一式を送ったところ、それを娘さんが見つけて、 「私も欲しい!」 と言い出したそうです。 製…

新作のリリース準備

現在販売中の製品のデザインは8種類。 次期は、これに加えて、少なくとも4種類の新しいデザインを追加する予定です。 必然性 シリーズに加えるデザインを選定する際、色々な必然性に突き動かされて、「落としどころ」のイメージにピタリとはまるものを選んでいるような気がします。 例えて言えば、「必然性A…

絶版について

先日、お客様から、 「今販売されている製品が、後で買えなくなることもあるのか」 という質問をいただきました。 回答は、 「あります」 です。 デザイナーさんとの契約 so? notebooksの表紙デザイナーさんとは、コンテンツ利用許諾契約を結んでいます。 その契約上、製品のデザイン…

ノートの美術館をつくろう

ホームページや広告で使うコピー、当初は、「ノートの美術館へようこそ」にしようと思っていました。 しかし、 「なんかしっくりこないな」 と思いつつ、他の仕事でバタバタしている間に、コピーの件は放置のまま、数カ月が経過しました。 「ようこそ」から「つくろう」へ その後、ある件をきっかけに新しい…

非居住者に対する課税の仕組み

アメリカ在住のアーティストであるSusyに、ノートの表紙デザインの謝礼と、販売後に生じる印税を支払うにあたって、「非居住者に対する課税の仕組み」について調べました。 日米租税条約 アメリカ在住のSusyが、日本のノート屋さんに表紙デザインを提供することで生じる所得に関しては、支払者であるso? …

額装考

展示会で使用する「額縁」。 アーティストの方々は、個展やグループ展で使う額縁を、どのような基準で選んでいるのでしょうか。 予算とかサイズとか、制作したものを展示するための必要条件を満たすものであることは当然として、「作品の見せ方」への影響を、どの程度、どんな風に考えているのでしょう。 2タイプ…

written with love

オンラインショッピングで購入した製品が手元に届いたとき、納品書・領収書以外の文書が同封されていることが多々あります。 ショップで扱っている他の製品に関する広告だったり、クーポンだったり。 そうした「使うもの」については、必要があればとっておきますが…。 お店からの「お礼状」、皆さん、どうされて…

ラグーナさん

商標登録の際、このプロセスの最初の関門は、適切な特許事務所探しでした。 同様に、製造の方面では、適切な製造委託先探しが大きな関門でした。 決め手 オリジナルデザインのノートを製作してくれる印刷会社さんは、確かにありました(関連投稿)。 しかし、大抵の場合、その「オリジナル」の意味は、「半…

ライセンシング・アグリーメント/著作権契約

Smiles 123の作品を、日本で製造・販売する製品に使用するにあたり、いわゆる「著作権契約」を作成する必要がありました。 日本では、文化庁が著作権契約書のテンプレートを提供して下さっていますが、これをこのままアメリカ在住のアーティストに適用してよいものかどうか? 文化庁作成の著作権契約書ひな…